ファスティングでリバウンドしない方法

【要チェック!】ファスティングでリバウンドしない方法

ファスティングでリバウンドしない方法

 

ファスティングダイエット経験者の口コミを調べてみると、
残念ながら「リバウンドしてしまった」という方もいるようです。

 

せっかく食べたい物も我慢して絶食(ファスティング)したのに、
リバウンドしてしまうのは、かなりショックですよね?

 

そこで今回は、ファスティングダイエットでリバウンドしない方法について
お伝えしていこうと思います。

 

 

ファスティングダイエットでリバウンドしない方法

 

頑張り過ぎないこと

 

ファスティングダイエットを行っている時の自分を想像してみて下さい。

 

たぶん『今の私頑張ってる!』って感じですよね^^

 

たしかに頑張っているのは事実なんですが、
できるだけそういうことは考えないほうが良いです。

 

 

なぜなら、あまりにも自分が「頑張ってる」「我慢してる」と思ってしまうと、
今度は「ファスティングが終わったら何を食べようかな?」ということばかりに
意識が向いてしまいます。

 

しかし、ファスティング実践期間が終わったら、
おかゆなどで回復食を食べる復食期間を設けるのが、
正しいファスティングダイエットのやり方です。

 

 

ですから、ファスティングダイエットが終わった後に、復食期間を設けない、
もしくは短くしてしまい、我慢していた分食べてしまおうというその気持ちが、
そもそもリバウンドしてしまう原因ということになるのです。

 

なので、ファスティングを実践中は、
あまり頑張っているとか、我慢してるとは考えないようにして下さい。

 

そして、終わってから好きな物をたくさん食べようと考えているなら、
そもそもファスティングは行わないほうが良いですよ。

 

 

期間の決め方について

 

先にも書いたように、ファスティングダイエットは、
実践中だけでなく、その後の復食期間を設けるのが必要です。

 

さらに、実践前には食事量を徐々に減らす準備期間も設けます。

 

 

そして、準備期間と復食期間は実践期間と少なくとも
同じくらいの期間にするのが望ましいとされています。

 

ですから、ファスティングを3日間実践するのであれば、
準備と復食の期間も合わせて、合計9日間必要ということになりますね。

 

 

そして、初めてファスティングを行おうとする方にありがちなのが、
いきなり3日間に挑戦しようとすることです。

 

実践は3日間なのでわりと楽に思うかもしれませんが、
本当は合計で9日間になるわけです。

 

 

なので、やっぱりこれは楽ではないんですよね。

 

そして、楽ではないので、
やはり「私頑張ってる!」と思ってしまいやすくなります(笑)

 

すると、終わった後にはご褒美を考えてしまいますよね。

 

そして結局、リバウンドしてしまうというのがお決まりのコースになります。

 

 

ですから、初めてファスティングを行う時には、
いきなり3日間と言うのはオススメできません。

 

半日~1日程度で、合計2日~3日程度で行うのが良いでしょう。

 

そして、それで上手くいったら、
もうちょっと期間の長いファスティングにも挑戦してみる。

 

こんな感じで徐々に期間を長くしていくのが、
ファスティングでリバウンドしないコツになります。

 

 

ただし、あまりにも短期間で繰り返し行ってしまうと、
身体への負担が大きいので、間は明けたほうが良いと思いますけどね。

 

実践期間が1日であれば、1週間に一回程度、
実践期間が2日であれば、半月に一回程度、
実践期間が3日であれば、一カ月に一回が目安になります。

 

ちなみに、実践期間をこれ以上伸ばすのは危険ですので、
ファスティングは長くても3日以内で行うようにして下さいね。

 

⇒ コンブチャクレンズで行うファスティングのやり方はこちら